家庭教師と塾について

 

今の学校の勉強では小学生から塾や家庭教師を頼んで勉強をすることが当たり前の世の中になっておりますが、塾と家庭教師どちらを選択することが正しいのか正直迷ってしまうのが当たり前です。

家庭教師と塾どちらもメリットやデメリットが当然あるため、その選択を間違えないことが重要です。家庭教師の場合は1対1の勉強が当たり前で、個人が行っている家庭教師と家庭教師の派遣センターは派遣する家庭教師があり、どちらも家庭教師と子供の相性が重要になります。

一方塾の場合は塾の形態により分かれています。進学塾で個別指導と大人数の指導を行う塾がほとんどで、進学ではなく補修に近い塾は少数になってしまうほど進学塾がいわゆる一般的な塾です。家庭教師は家庭教師を頼むときにテストなどはありませんが、進学塾の入塾はほとんどの塾でテストがあるため、一定基準の学力がないと入塾できない塾がほとんどです。今の学習塾は進学塾ですが個別指導ではなく学校と同じような集団での授業がほとんどでテストを受けて入塾するので基本から教えると言うよりは、志望校に入るための勉強が中心となり復習は家庭教師の勉強に比べて大変で、病気なので休むと塾はその遅れを取り戻すだけでも大変で自分のペースで学習を進めることができません。それに対して家庭教師の場合は個人指導なので遅れることがなく学習ペースを維持することが可能でしょう。家庭教師か塾を選ぶときは必ず子供の意見を取り入れて選ぶことが重要です。

当サイトの情報が、家庭教師と塾、どちらへ通うのがベストなのかを判断するための基準になれば幸いです。

 

[特選サイト]
・こちらは学研グループから一流の家庭教師を派遣してくれるサービスです >>> 家庭教師 一流